交通事故弁護士の選び方

法律のトラブルは起こり得る

法律に関わるトラブルに巻き込まれることは、長い人生の中でもそう頻繁にあることではありませんが、だからと言って巻き込まれないと思い込むのは良くありません。身近には様々なトラブルが潜んでおり、その中でも身近に起こりうるトラブルといえば交通事故です。双方の話し合いで解決できるに越したことはありませんが、それが難しいとなると素人のみで無理に解決させるべきではありません。

後々トラブルに発展することがないようにするためにも、法のプロである弁護士に依頼して解決するべきです。しかし日頃関わりがないという人にとっては、数ある弁護士事務所の中からどこに依頼すれば良いのかで悩むのではないでしょうか。法に関するプロということもあり、どこに依頼しても大差はないと考えてしまいがちですが、実際には依頼した際に必要となるトータル費用や、得意分野、実績は弁護士によって大きな違いがあるので、複数を比較してから慎重に選ばなくてはなりません。

選び方としてまず頭においておかなくてはならないのが、交通事故を得意分野としていた実績も豊富にあるのかという点です。どんなに有名で人気の事務所でも、自分が依頼したい交通事故を得意分野としていないことには、望む結果には繋がらない可能性が高くなってしまいます。今の時代ならばインターネットを使えば簡単に事務所を検索することができ、料金なども調べることができますが、インターネット上の情報を全て鵜呑みにするべきではありません。腕がよくリーズナブルでも、話してみて相性が合わないとなれば、意思疎通を図ることができず、なかなか問題解決につながらないということもあります。

信頼が一番重要

信頼できるのかや相性が合うのかという良し悪しを見極めるためにも、まずは相談してみるようにしましょう。現在では相談は無料で受け付けている事務所も多くなり、電話やメールから相談できるところもあります。悩んだ際には、まず問い合わせてみるようにしましょう。その時の対応が良いかどうかで、直接相談に行くべきかどうかを判断するべきです。v実際に会って相談する時には、親身になって話を聞いてくれるのかや、丁寧にアドバイスをしてくれるのか、そして料金形態は明確で、見積もり内容は細かな点まで教えてもらうことができるのかということもチェックしておく必要があります。交通事故のトラブルは、迅速な対応が求められるケースが大半であり、一刻も早く問題解決をしないと更なるトラブルに発展してしまうこともあります。そうならないためにも、対応が迅速な事務所を選ぶということも大切です。

キャリアと専門

交通事故問題に特化した知識とキャリアを持っておらず、交通事故に疎い弁護士に相談してしまった場合には、慰謝料や示談金、過失割合などを有利に進めることが難しくなってしまいます。事故の場合には、後遺障害という医学の分野の知識や、刑事事件の可能性、そして慰謝料の算定に必要な要素は何なのかなど、専門分野として扱っていないと対応できない部分も多々あります。法に関するプロならば、どんなことでも分かり、任せておけば良いと考えるべきではありません。良い結果に繋がるのかは、弁護士選びにかかっているといえます。敷居が高いと考えてしまったり、高額な依頼費用が発生するというイメージがありますが、近年ではかなりリーズナブルな料金で依頼を引き受けてくれる事務所も多くなっています。もちろん金銭面の違いだけで判断するべきではありませんが、相場と比べてあまりに高すぎたり安すぎる事務所は選ばないようにしておきましょう。その上で、実際に相談してみて信頼できて、安心して任せられる弁護士を選ぶことが大切になります。