交通事故の示談で相手に勝つために知っておくべき事

交通事故弁護士

自動車を乗っている方であれば、自賠責保険に加入していることになりますが、この保険は人身事故に対してのみ有効で、尚且つ最大で3,000万円までの保証と限定されています。

そのため、ドライバーの多くは任意加入の自動車保険に加入をしていることが多く、自賠責保険では不足してしまっている部分をカバーしています。自動車を運転していると、時には思わぬアクシデントに遭遇してしまうことがあります。単に自動車同士が衝突してしまったような事故のケースでは、過失割合によって自動車を修復することができますが、人身事故に発展した場合では簡単に事故を解決することができないケースも目立ちます。

現在では自動車保険もかなり充実をしているので、任意保険を使って加入しているプランによっては、どのような交通事故でも対応できる場合もあります。しかし、時には交通事故に遭遇した場合、示談が必要になることも多く、加入している保険会社によっては交通事故弁護士の利用を無料で提供しているプランもあるので、このような保険に入っている方のケースでは、大きな心配をせずに示談を成功させることができる可能性が十分にあると言えます。

交通事故弁護士に依頼して解決する

交通事故の場合、2つに分けることができ、加害者側と被害者側になることが一般的です。加害者側で考えた場合、事例を挙げると相手側の被害者がむち打ちやその他の損傷を受けてしまった場合、普通に保険会社で対応できないという事例もあります。賠償金に算出や仕事をしている方であれば逸失利益の問題も起きます。

複雑化されている賠償問題に関して、最小限にしようと考えている方のケースでは、必ず交通事故弁護士に依頼をすることにより、無事に解決できる事例が多数あります。例えば自動車免許証の点数などをチェックすることも大切です。実際には人身事故を起こした場合でも、免許の点数が増えてしまい免許が失効されるような問題では仕事を行うことが極めて困難になります。このような事例では、交通事故弁護士に依頼をした場合では、普通の物損事故として処理を行うことも決して不可能ではありません。

自動車対自動車の過失割合を決めて処理を行う方法で、自動車に関しての問題は無くなります。次に身体に関しては別の処理を行うことが必須要件になり、長期間にわたって病院に通院することが必要とされてしまった場合では、多額の資金が必要です。このような場面で交通事故弁護士に依頼をした場合では、円滑に示談交渉を行うことができ、例えば示談金を設定して、これ以降に発生してしまう損害に対しては一切関知しないという内容も不可能ではありません。

もらい事故とむち打ち

被害者側で考えることも十分に可能です。例えばもらい事故を受けてしまい、むち打ちなどを代表としている怪我を受けてしまった際には、病院代の他に病院に通院する交通費、仕事をしている方のケースでは、怪我が治るまで仕事をすることができない状態になるので、逸失利益を求めることが一般的です。

しかし、保険会社によっては納得できる対応をしてもらうことが困難な事例というものもあるので、万が一に納得できない場合では、やはり交通事故弁護士に仕事を任せることが最も良い方法です。被害者側のケースでは、事故によって受けた損害額を細かく算定することが必要になり、たとえ一か月の通院であっても移動費や病院に通っている間に損をしいているお金が出てくる可能性が非常に大きいものです。

事例を挙げると雪国の場合では除雪作業が必要になりますが、怪我によって除雪作業ができない状態に陥った場合では、専門業者に除雪を依頼することも決して珍しいことではありません。そのため、このような余計な経費についても正式には請求することができると判断できるので、素人判断で保険会社に任せてしまうことではなく、得意分野にしている弁護士に任せることが損をしない良い方法です。

被害者であっても加害者であっても、交通事故によって破損してしまうものが多い場合もあります。単に自動車の場合では、比較的簡単に修理を行うことができる内容ですが、中には腕時計が破損してしまう内容、サングラスや自動車の室内で使用している機器類が破損してしまうことも決して珍しいことではありません。

どちらがどのようにして負担をするのか明確にできない場合や、相手側がそもそも良いプランの自動車保険に加入していないというケースでも、問題が引き伸ばしになってしまう可能性も否定できないので、困ってしまって安心して保険会社に任せることができないような内容があれば、随時交通事故弁護士に仕事を依頼することで多くのケースで納得できる解決を済ませることができます。

現在ではインターネットを中心としたダイレクト型の自動車保険も広がりを見せている状況ですが、保険会社によっては弁護士費用を無料にできるプランも用意されているので、少しでも不安に感じる方であれば、最初から加入をしておくことが便利で安心できる方法です。