交通事故に巻き込まれたら!被害者請求のメリット

後遺障害認定

被害者の立場で交通事故に遭遇した場合、どんな形であれ賠償金や治療費が支払われるケースは多いので、中には支払われるまで気長に待っていようとする人もいます。しかし具体的に見てみると、お金が支払われるパターンは被害者請求と加害者請求の二通りが存在し、どちらを活用するかによってするべきことが変わってくるので注意が必要です。

ただ一般的に被害者が知っておいて損がないのは、被害者請求です。

この請求方法は名称の通り、交通事故での被害者が直接加害者が加入している自賠責に対して請求を行う方法のことを言います。怪我や交通事故にあった精神的な苦痛を抱えたうえで請求まで行うので、一見すると大変そうな手続きにも見えますが、被害者が自ら請求する事によるメリットも当然存在します。

被害者請求のメリット1:認定が受けやすい

そのメリットの一つ目が、後遺障害に対して有利な立場に立てることです。

何故かというと被害者請求でないパターンで後遺障害を認定する場合、後遺障害の証拠を集めるのは任意保険会社となるケースが多いためです。一般的に任意保険会社は最低限の証拠だけを提出するので、後遺障害として認めてもらえないことが多々あります。

対して被害者が自分で請求する場合は、当然後遺障害の証拠も自分で集めて提出することになります。これだけ聞くと手間のかかる作業をあえて行うデメリットがあるように聞こえますが、実はこれはメリットのほうがはるかに大きいのです。

何故かというと証拠を自分で集めるということは、その証拠の意味を自分で把握できることに他ならないからです。そのため任意保険会社が出す証拠よりも精度が高く、より後遺障害のリスクを背負っているのだとわかるものを揃えることが可能ですし、自身によって有利な証拠を選べる強みも存在します。

結果的に任意保険会社のケースよりも、後遺障害の認定を受けやすくなるのです。

被害者請求のメリット2:保険金支払いの早さ

次に二つ目のメリットが、保険金が支払われる早さでしょう

加害者請求の場合は基本的に示談が完了してからはじめて、保険金が被害者側に支払われる仕組みです。それでは怪我や入院代が支払えないケースに対応した支払いも存在しますが、基本的に支払いが遅れがちになる傾向が強いのです。

一方で被害者請求だと、後遺障害の等級が明確になった時点で受け取ることができます。また加害者側の事情により一方的に治療費などの支払いがなくなった場合でも、自賠責保険に対して請求できるのも被害者請求ならではのメリットとなっています。