後遺症と後遺障害の微妙な違い

後遺障害

後遺症と後遺障害の違いとは?

交通事故などに遭ってしまった場合、やはり一番心配なのは後遺症や後遺障害などがあとあとまで残ってしまうのではないかという点でしょう。一般的には、この「後遺症」と「後遺障害」とは同じものであると思われがちですが、実はこの両者には微妙な違いがあるのです。では、その微妙な違いとはいったい何でしょうか?

「後遺症」とは?

一般的に言って、事故の「後遺症」とは、事故後に続けて治療を受けたにも関わらず完治することなく、なおかつ将来的に見ても回復が見込めず精神的また身体的に障害が残ってしまう状態のことを指しています。一般に、医者や事故の被害者が後遺症が残ると言う場合、こちらの症状を指すことが多いと考えられています。

「後遺障害」とは?

それに対して、「後遺障害」には微妙な違いがあります。それは、交通事故などによって被ってしまった精神的また身体的な障害が、それ以上治療を続けたとしても、症状が良くもならなければ悪くもならないような状態に達してしまった状態と深く関連しています。このような状態を症状固定と呼んでいますが、この症状固定の状態に達した後に、労働能力が失われてしまう症状のことを指しています。

後遺障害認定が重要

交通事故に遭って受傷した後、仮に後者の状態に達してしまったような場合、等級として認定を受けると損害賠償請求の対象とされます。これは、事故によって負ってしまった、残っている障害のために労働能力が失われてしまい、働けなくなってしまったことに対して補償が与えられるというものです。

そこで、是非とも覚えておきたい重要な点は、交通事故に遭って受傷し、医者から後遺症が残ると言われたからと言って、必ずしも補償を受けられるわけではないということです。この点をしっかり覚えておくことは大切です。つまり、たとえ事故によって後遺症が残ることになってしまったとしても、後遺障害として認定されない場合もあるということです。

さらに、交通事故で受けてしまった障害が、果たして後遺障害に該当するかどうかを決定するのは医者ではないということも覚えておくべき点と言えるでしょう。この面で正しく判断するには当然のことながら、医学的な専門知識はもちろんのこと、非常に高い法的知識が必要とされることでしょう。そのため、医者が医学的な知識に基づいて判断するのではなく、最終的には裁判官が判断することになると言われています。もちろん、その判断には、裁判にも十分精通している弁護士も深くかかわることになるでしょう。