加害者請求と被害者請求の違いとは?

請求

加害者請求とは?

加害者請求とは、加害者が被害者に対して、治療費や慰謝料などの賠償金を支払った後で、加害者がその支払い額を、自分が加入している自賠責の保険会社に請求することをいいます。

加害者請求をするためには、事故によって加害者がいくら支払ったのかを証明するために、領収書などの必要書類が必要となり、その書類の提出を受けた保険会社は、支払われた内容についての調査を行って、保険金額を確定して、加害者へ支払いを行います。

この加害者請求を行えるのは、被害者に対して賠償金を支払ってから2年で時効になってしまいますから、注意しましょう。
一方、被害者請求は、交通事故の後遺障害等級の申請を被害者自らが行うことをいい、交通事故でけがをしてしまい、治療をうけてもなかなか治らず、後遺症が残ってしまった状態で、後遺症の等級の申請を行います。

被害者請求とは?

多くの場合、等級申請は、保険会社が行いますが、被害者自らが行う場合、被害者請求といいます。

後遺障害等級とは、後遺症の状態に応じて、1級から14級の認定がされ、この等級のことを後遺障害等級といいます。
この後遺障害等級は、申請を行わないと獲得することができず、事前認定か被害者請求によって獲得することができます。

事前認定は、加害者側の任意保険会社を通じて、申請を行うというもので、この方法が現在は一般的となっています。
事前認定は、被害者に有利な方法で、自分で資料を集めることもなく、便利な方法といえます。

ただ、加害者側からの申請となりますから、必ずしも被害者にとって有利に運ぶかというと、疑問な点があります。

一方、被害者自らが行う、被害者請求は、自らに有利な書類を提出することができますから、上級の後遺障害等級を獲得することができます。
被害者自らが申請するため、自らに有利な書類を吟味して提出することができ、後遺障害等級が認められたときに、自賠責保険が支払われるというメリットがあります。

事前認定の場合は、最終的な示談ができないと、支払われませんから、メリットといえます。
また、加害者側の任意保険会社から、治療費を打ち切られてしまった場合など、治療費などを自賠責保険に請求できるというメリットもあります。

被害者請求は、交通事故の被害者であれば、誰でも申請することができますが、後遺障害等級の認定は、非常にデリケートで、ポイントを押さえた資料を提出することが重要です。そのため、専門家の意見を聞いてみることをおすすめします。