むち打ちの後遺障害認定

後遺障害認定申請

むち打ちの後遺障害認定は難しい

近年、追突事故や単独事故など様々な自動車の事故によるむちうちになる方が多くなっています。むちうちとは言っても症状の軽いものから、生活に支障の出るような重度のものがあります。重度のものになると通院が必要になり、その費用が掛かってきます。その際に、国や地方自治体からの助成金や保険会社から保険金を受け取るためには後遺障害認定が必要となってきます。

その後遺障害認定の手続きを一般の方が一から行うと時間と手間が多くかかってきます。むちうちによって肉体的に大きな負担がある状態で、病院や行政施設などを回って認定のための書類や資料集めをしなければならないことや、書類や資料を入手するまでに時間が掛かることで、後遺障害認定の受けに行くのはとても大変なことです。

また、むちうちの後認定を受けるためには審査が必要となってきます。その審査で、十分な資料集めができなかったことや症状をうまく伝えることができずに審査が通らないということもあります。

そこで、弁護士に依頼をしていただければ煩雑な手続きを代行し、ご依頼者様の後遺障害認定までサポートいたします。

弁護士依頼の後遺障害認定サポート

突然の自動車による事故によって、みなさんパニックになり車のこと、相手方のこと、その次に病院で受診に行かれてむちうちと診断されるのですが、その時点で終わる方が多くおられます。よくある事例では、事故当初は少し痛むだけだったと感じていたものが、日を追うごとに痛みが増していき、日常生活に支障が出てきだしてからインターネットなどで自ら調べて後遺障害認定のことを知り手続きをしようとするのですが、時間が経っていたがために申請ができなかったという事例が多くあります。

事故が起こってから早い段階から弁護士にしていただくことで、書類や資料集めを代行し、スムーズに認定まで行い、ご依頼者の負担をできるだけ軽くします。

多くの方が、手続きのためだけに弁護士に依頼することは、大掛かりで相談しにくいことだとお思いになられるでしょうが、認定をするまでの労力・時間を考えるとメリットが多くあります。また、インターネットの普及によって弁護士に相談する手段があると知られる方が増え、年々相談に来られる方が多くなっています。

最近、事故に遭われた、事故を起こしたという方当弁護士にご相談ください。ご相談は無料で行っていますのでメール・電話などからも受付を行っていますので、どうぞお気軽にご連絡ください。”