交通事故の示談交渉!弁護士特約を利用しよう

自身で交渉せざるを得ないの?

交通事故でトラブルが起きた場合「保険会社に任せてしまえばいい」と思われている方も少なくないようですが、交通事故の形態によっては自分で交渉しなくてはならない場合があります。それは自分に責任のない事故の場合です。もらい事故と言われるような事故です。例えば信号で停車中後方から追突されてしまったといったようなケースです。この場合、自分が加入している保険会社では示談交渉してくれません。それは法律での規定があるからです
こういった交通事故での被害者になってしまった場合、
相手や相手の保険会社と自分で交渉しなくてはならなくなります。自分で示談交渉する場合、相手保険会社の提示に納得できなくても、交渉がスムーズに進まず諦めてしまう場合が多々あります。どのように話を進めたらよいのかわからず、相手保険会社の言いなりになってしまうパターンです。納得いく補償を受けるには自分自身の交渉力だけですと限界があります。もらい事故の場合、相手や相手保険会社と示談交渉できるのは、自分と弁護士だけです。自分自身での交渉ですと限界がありますので弁護士に依頼し交渉してもらうことで、精神的にも楽になります。
弁護士に依頼した方がいいのは分っていても、弁護士費用のことを考えて断念してしまう場合もあることでしょう。ご自分の加入されている自動車保険をもう一度確認してみてください。
弁護士特約がついていませんか
?弁護士特約とは弁護士に法律相談や示談交渉を委任したりする際にかかる費用を補償してくれる特約のことです。

弁護士に任せれば安心

弁護士に交通事故について相談、依頼するメリットは、保険会社と直接やりとりをしてくれるので自身の負担が減ることです。そして交通事故に強い弁護士は過去の交通事故の判例を熟知しているということです。ですので保険会社との交渉も優位に進めることができます。
弁護士に依頼するタイミングは早い方がいいです。早い段階で弁護士に相談し、依頼することになったら、ケガをされている方は治療に専念できますし、自分にとって不快になる保険会社の提示に苛立つこともなくなります。
弁護士特約を使い弁護士に依頼したいが、弁護士との相性が合わなかったらと、心配される方がいらっしゃいます。しかし弁護士特約は弁護士費用を補償してくれる特約であり、この弁護士でなくては弁護士費用を補償しないといった保険特約ではありません。ですので自分に合った弁護士に依頼しましょう。交通事故で弁護士に依頼する場合は、交通事故の事案に長けている弁護士を探すべきです。交通事故に強い弁護士を見つけたら、まず相談すしてみることです。相談してみてこの弁護士に任せることができると感じたら契約し、今後の方針について打ち合わせしましょう。その時不明な点や疑問点があれば弁護士に質問してください。自分の希望を伝えたら、あとは弁護士に一任してしまってください。
弁護士に任せっきりでも、相手や保険会社との交渉内容はきちんと弁護士が説明してくれますから安心できます。