むち打ちと治療費打ち切り

治療費

交通事故むち打ちとは?

交通事故で被害にあった場合、首の周囲に強い衝撃が加わることで、むち打ちの症状が出ることがよくあります。すぐに治る場合もありますが、手術をして治るというものではなく、しばらく治療が長引くのも珍しくないことです。首が動かせるようになっても痛みや不快感などの症状が残るケースが見られますので、病院や整骨院などで継続した治療を受ける必要が出てきます。

この際に、加害者側に治療費を請求することができます。相手は自賠責保険や任意保険に加入していますので、保険会社を相手に交渉をするのが基本です。保険会社から支払われた治療費のおかげで、多くの場合でむち打ちの治療を無料で受けることが可能です。

治療費打ち切りとは?

ところが、長く治療を継続しているうちに、保険会社から治療費打ち切りの連絡が来ることがあります。3ヶ月間の治療が続いた後で、打ち切りになる例が多く見られます。

また、さらに治療が長引く場合についても、症状固定の理由をつけて、治療費打ち切りにする例がありますので注意しましょう。症状固定とは、これ以上継続治療を受けても治る見込みがないものをいいます。治らないのに治療を継続させても無意味だとする、保険会社の言い分です。

これらの保険会社からの申し出に素直に従ってしまうと、損をする結果になりますので気をつけましょう。治療をそこでやめてしまえば、後日請求する入通院慰謝料の金額が減ってしまう危険があるからです。

入通院慰謝料は、事故で負った怪我の治療にかかった入院や通院の日数を参考に算出されますので、まだ痛みが残っているのに治療を終えてしまうと保険会社が得をします。回復する見込みがあるという正当な理由が残っているなら、保険会社の言いなりになるのはやめましょう。

症状固定においても同じことがいえます。怪我の状態がどうなっているかは、医師の資格を持つ人にしか診断できません。保険会社は医師の資格など持っていませんし、実際に症状固定の診断などしたら、法律違反に該当します。

医師からはっきりと症状固定の診断を受けるまでは、絶対に治療をやめないようにしてください。もしも、強制的に治療費打ち切りの状態になったなら、しばらくは保険適用の治療で費用の負担を軽減しながら通院を続けるようにしましょう。その分も後から入通院慰謝料で請求できますので、泣き寝入りする事態に陥らないメリットがあります。

専門的な知識で難しいと感じるなら、積極的に弁護士の力を借りることをおすすめします。