交通事故の後遺障害の等級と等級認定の仕組みは?

交通事故に遭ってしまった場合ですが、一般の身体的なケガは、病院に通院または入院をして、適切な治療をすることによって、やがては治癒するということになります。しかし、そうした治療を続けていても、もはや完全に治癒することがない症状が残ってしまうということはあるものです。たとえば、交通事故のケガによって神経が切断されてしまったという場合、傷口は治癒するかもしれませんが、手足がまひして本人が随意に動かすことができなくなってしまえば、その状態は一生涯にわたって固定してしまいます。

このように、交通事故による後遺障害というのは、身体的または精神的な被害が、将来にわたって回復が見込めない状態、いわゆる症状固定の状態となっていて、そのことと交通事故とのあいだに因果関係や医学的な確かさが認められ、さらに労働能力の低下や喪失をともなうようなもののことを指しています。交通事故の被害者は、ドライバーが全員加入となっている自賠責保険に対して請求をすることで、後遺障害についての補償を受けることができるようになっています。
ただし、受けられる金額は公平でなければなりませんので、あらかじめ国が定めた基準によって、実際に被害に遭った部位や症状に応じた等級にあてはめられ、その等級に見合いの慰謝料や逸失利益、介護料などの支払いがあるという仕組みになっています。この等級についても、恣意的に判断されるおそれがないようにするため、主治医などの医師が記載した後遺障害診断書をもとにして、損害保険料率算出機構とよばれる組織において客観的な審査を行い、その結果が等級として反映されるようになっています。

等級については、1級から14級までの段階にわかれており、基本的に1級に近いほど程度が重大であり、14級に近いほど軽微というかたちになっています。後遺障害1級であれば、たとえば両腕や両足のひじ、ひざといった関節から切断してしまったり、あるいは切断まではなくても機能を喪失して動かせる状態ではなくなってしまうといった、かなり深刻な被害が該当します。

一方の後遺障害14級については、指の骨の一部の喪失であったり、むち打ち症といったものが含まれますが、いずれにしても症状が固定してみはやそれ以上は改善する見込みがないということが、医学的に証明されなければなりませんので、特に外見から判断がむずかしいむち打ち症の場合には、この認定をめぐってトラブルが生じたりしやすいといえます。”

交通事故被害者へ

保険会社から提示された示談金になっとくできない

過失割合が納得がいかない

後遺障害認定のサポートを受けたい

休業損害を請求したい

いずれ一つに当てはまる方は「交通事故弁護士」へ相談しましょう!

会社概要

インディアナに在住したことがある交通事故評論家が語る、交通事故の対処法。

保険会社の言いなりにはもうなる必要はない。情報武装をして対処していこう!

ブログ

お問い合わせ